ねむのやねうらべや

名無しが限りなく素をさらけ出すひみつの屋根裏部屋。

本気で学ぶK-POP史。。

乃々野ねむ(@n0n0n0nm)です。

 

 

はじめに

昨今のK-POPシステムの崩壊に耐えきれず…

n0n0n0name.hatenablog.com

温故知新がしたくって、これまでの歴史を学び、ここに備忘録として残そうと思います…。
懐古厨で何が悪いねん。Y2Kとか言うくせに生意気だぞ。

 

第2世代とYGグルの女神サンダラお姉さまファイティン~~!!!

【ネタバレ反転】
あゝ、名無しもサンダラお姉さまに"愛してる"言われたい…(?)
憎まれたテディ兄、姉さまへの提供曲が聴ける日を姉さまとともに沖縄で待ってますぜ。愛してます♡(♡やめなさい。)

 

K-POP年表

~1990年代前半を以前、
90年代後半を第1世代、
2000年代~10年代前半を第2世代、
10年代中盤を第3世代、
10年代後半~20年代前半を第4世代、
20年代中盤~を以降と定義します。

 

尚、最早趣味かつ独断と偏見で作成しています。
すべてのグループは記載出来ておりませんので悪しからず。。

SMエンタテインメント

  SME
以前  
第1世代 H.O.T(96年)、S.E.S(97年)
第2世代 東方神起(04年)、SUPER JUNIOR(06年)、少女時代(07年)、SHINee(08年)
第3世代 EXO(12年)、Red Velvet(14年)、NCT(16年)
第4世代 aespa(20年)
以降 RIIZE(23年)

 

K-POP界の頂点にして挑戦をし続けるタイプ。大衆からオタクまでかかってきやがれ。
所属、出身アーティスト全員がボーカルがメイン級かつ、中心となるメインダンサーを据え置きグループを構成している印象。
どうしてもメンバーを入れ替えたり卒業させたりしたい(時代があった)のだけど…

応援(推し活)に迷ったときはエッセムのペンを参考にしましょう…学べることが非常に多いです。
なァに、全肯定ATMペンになんてなる必要はありません。アクゲ、サセンにさえならなければ…

 

YGエンタテインメント

  YG
以前  
第1世代 1TYM(98年)
第2世代 BIGBANG(06年)、2NE1(09年)
第3世代 WINNER(14年)、iKON(15年)、BLACKPINK(16年)
第4世代 TREASURE(20年)
以降 BABY MONSTER(23年)

 

大衆的K-POPの大手がエッセムなら、ソ・テジが築き上げた韓国ヒップホップの流れを汲んだ大手がYG。00年代前半くらいまでは毎年のように新人がデビューしてました…
ヒップホップに強いのにボーカルも強い。メインダンサーにも定評がある。
(過去には)ソロ歌手、俳優やモデルなど、グループ以外のマネジメントが強かったり。。

ペンがスキャンダルに慣れすぎている印象経験者)。
第3世代後半からK-POP界きってのカルト人気の事務所に。

 

JYPエンタテインメント

  JYP
以前  
第1世代 god(99年)
第2世代 Wonder Girls(07年)、2PM(08年)、missA(10年)
第3世代 GOT7(14年)、TWICE(15年)
第4世代 Stray Kids(18年)
以降 NMIXX(22年)

 

ヨジャに強い大手。サバイバル番組から多くの人気グループを輩出。
ステージパフォーマンス、自主制作、タレント性が強い印象。

DSPメディア

  DSP
以前  
第1世代 Sechs Kies(97年)、Fin.K.L(98年)
第2世代 SS501(05年)、KARA(07年)
第3世代 APRIL(15年)、KARD(16年)
第4世代 未来少年(21年)
以降  

 

ほか勢力

  ほか勢力
以前 ソバンチャ(88年)、ソテジワアイドゥル(92年)
第1世代  
第2世代 BEAST(09年、CUBE)、T-ARA(09年、MBK)、ZE:A(10年、スター帝国)、INFINITE(10年、Woollim)、SISTAR(10年、スタシ)、Block B(11年、スターダム)
第3世代 B.A.P(12年、TSエンタ)、AOA(12年、FNC)、MAMAMOO(14年、RBW)、MONSTA X(15年、スタシ)、OH MY GIRL(15年、WMエンタ)、ASTRO(16年、fantagio)、PENTAGON(16年、CUBE)
第4世代 ATEEZ(18年、KQエンタ)、(G)I-DLE(18年、CUBE)、AB6IX(19年、ブレンニュ)、EPEX(21年、C9エンタ)、IVE(21年、スタシ)
以降  

 

ほか

 

サバイバル番組

  サバイバル番組
以前  
第1世代  
第2世代  
第3世代 I.O.I(16年)、WANNA ONE(17年)
第4世代 IZ*ONE(18年)、X1(19年)
以降 Kep1er(22年)、ZEROBASEONE(23年)

 

年表から考えられること

00年代エッセムのレジェンド感エグい。
00年代まではエッセムソバンチャの祖(とされる)DSPK-POP界を牽引していたんだそうな。
(当時の名無しはVIP全盛期でした…^^)

エッセムK-POP(後述)で、ヒップホップのYG、"国民の妹"を多く輩出するJYP…
(って見てくれたら良いかと思います。パクジニョンは自身が現役歌手だからヨジャが強いのだろうと推察。)

ほんと第3世代くらいまでは競合が出来てて面白いと思ってたのになぁ…
事務所の垣根を越えてグルを誕生させるサバ番にもわくわくさせられたのに…(不正ダメ絶対)。
独占されると本当つまんないよね。

 

K-POPの歴史

主なグループの歴史をざっくりと。。

以前

ソバンチャ

トロットが主流の韓国で"日本のようなアイドルグループをデビューさせよう!"と88年にデビュー。K-POPの始まりとされる
メンバーにキム・テヒョンさんがいらしゃる。
"オジャパメン"で…わかってもらえる方もいるかと。。

ソテジワアイドゥル

韓国ヒップホップ界の伝説ソ・テジとその仲間たち…うちひとりがYGのヤンサです。このときのカルト的人気が忘れられないんだろうね^^;
お国の制度を変えてしまうようなすごいグループだったそうな。
どうも活動期間中に来日もしてたらしい。あ~~、だからかつてのYGって。。

第1世代

H.O.T

グループ名は"High-five Of Teenagers(10代の勝利)"の略。
96年にデビューしたエッセム最初のドル(のコンセプト)は"10代の代弁者"でした。
"Candy"ほんま可愛え。。

Sechs Kies

"H.O.Tに対抗するために"97年にデビュー。

グループ名はドイツ語で"6つの水晶"だそう。よく考えられてますね。
またも日本のアイドルをフィーチャーした様子。。
再結成時にYGへ移籍。なぜ

Fin.K.L

98年、"Fine Killing Liberty"という意味を持つグループ名でデビュー。
私たちのイ・ヒョリ姉がいます!!!

第2世代

きっと多くの方が"K-POP"と聞いて思い浮かべるのがおよそこの頃。中小の事務所が台頭し始める。

第3世代

SNS発信が主流になったり、グループ構成メンバーの国際化が顕著になり始めたり…。正直この頃からK-POPカルチャーとしての雲行きが怪しくなる。。

第4世代

K-POPシステムの崩壊。"推している自分に都合が悪いととりあえずキレる"、"推し(が好きな自分)さえ良ければいい"…。ペンの総キッズ化が加速。

以降

スクラップアンド…スクラップか。誰が再建を図ってくれんねやろ…ムリか。。

K-POP史に触れてみて

(誰かも言ってたけど)我々にとってのK-POPってエッセムの音楽なんだよ。。
誰がどんな音楽を流行らせようとエッセムが世に放つ音楽がK-POPなワケで。
(逆説:もしエッセムが今流行りなちょいダサ洋楽風楽曲を"K-POPだ"言うたら…それはK-POPになるよね。。)

エッセム復権プロジェクトの一環なのか、はたまた単にY2K(苦笑)政策か…
追わない言うたのにRIIZEの"ビジュ第2世代"感すげぇそそられる(第2世代の変態)。

https://x.com/RIIZE_official/status/1717828673716580390?s=20

新ヨジャグル構想もあるみたいだから…(20年代に懐かしさのあるドルが見たい…かな。しかし期待せずに待とう…)
YGなき今(完全に流れ弾)エッセムくらいはエッセムでいてほしいK-POPしてほしい。。

 

乃々野ねむ(@n0n0n0nm)でした。